2016/08/210 Shares

「風魔の小次郎」の十本の聖剣の登場シーンがスゴすぎる

私はマンガ「風魔の小次郎」が好きです。

風魔の小次郎とは、週刊少年ジャンプに1982年~1983年に連載された車田正美先生の漫画で、超簡単にいえば、小次郎という学ランを着た主人公が様々な敵を木刀で倒していくバトルマンガです。

このマンガを好きな理由の一つに「伝説の十本の聖剣」というアイテムがあります。聖剣伝説編では、この聖剣をめぐって屈強な男たちがバトルを繰り広げます。

この聖剣の登場シーンがスゴイんです。車田正美先生の演出にはシビれまくりです。

ということで、「風魔の小次郎」の十本の聖剣の登場シーンを勝手気ままに語る記事です。

聖剣伝説

そもそも聖剣戦争とは

4000年の昔。

大地の邪悪を打ち静めるために神が作った十本の聖剣。十本の聖剣には、神にふさわしいと定められた10人の戦士がいた。

その戦士のうち、華悪崇(カオス)という男が全ての聖剣を我が物にしようとした。華悪崇に従うものと、それに対抗して聖剣による大地の秩序(コスモ)を守ろうとするもの。

カオス対コスモの戦いは4000年を経て未だ終わらず、輪廻によって小次郎たちの時代に引き継がれる。十本の聖剣が生まれた場所「聖地」において、カオス対コスモ、5対5の壮絶バトルが始まる。

(コミック版「風魔の小次郎」を要約)

十聖剣による5番勝負

コスモvsカオスの聖剣争奪戦は、バトルロイヤルではなく、神によって選ばれた1組ずつが順番に戦う5番勝負となっています。

その神によるマッチメイクは以下のとおり。

番号 コスモ カオス
第1戦 紅蓮剣 幻夢飛翔剣
第2戦 白朧剣 紫煌剣
第3戦 征嵐剣 十字剣
第4戦 黄金剣 雷光剣
第5戦 風林火山 鳳凰天舞

バトルの内容は省略しますが、どれも名勝負ばかり。まさに神のマッチメイクです。

興味ある人はぜひ、「風魔の小次郎」を読むべし!

伝説の十本の聖剣の登場シーン

ここからが本題。伝説の十本の聖剣の登場シーンがスゲーです。 

絵の背景、アングル、吹出しの説明、すべてが素晴らしい。まさに車田正美ワールド

「どんだけスゴイ剣がでてきたんだ?」とワクワクさせられます。連載当時の学生は、みんな聖剣の虜になってました。

以下では、風魔の小次郎に登場した順番に、聖剣のすんごい登場シーンの感想を書きます。

風林火山(ふうりんかざん)

疾きこと風の如く!
徐(しず)かなること林のごとし!
侵掠すること火の如く!
動かざること山の如し!

最初に登場した聖剣。主人公の小次郎が扱います。

伝説の剛刀」って、とんでもない木刀がでてきた!と思いました。

バックから吹いてくる突風のような描写が雰囲気を出しています。

黄金剣(おうごんけん)

小次郎のライバル、サイキックソルジャーの飛鳥武蔵が持つ聖剣。

星空を背景に、武蔵の目が怪しく光り、黄金剣がそれ以上にまぶしく光る演出。

なぞめいた凄さを感じさせますね。

紅蓮剣(ぐれんけん)

第三の聖剣として登場。忍者ではなさそうな伊達総司がもつ聖剣。

伊達総司も目が光ってます。顔の上半分を黒くして目を光らせるのは、車田先生ならでは技法でしょうか?

バックの炎 or マグマが熱量を感じさせます。

雷光剣(らいこうけん)

敵のカオス側の聖剣として初めて登場した雷光剣。

電撃を描いたら、車田先生の右に出る人はなしですね。

「カッ!」という擬音もGood。 ビリビリやゴロゴロではこの凛とした雰囲気はでません。

シビレました。

紫煌剣(しこうけん)

四千年の銀河の光が聖剣の中に収めれれているというものすごい木刀。

単に剣が光るという描写だけではなく、バックにビッグバンのような爆発が描かれています。これが只者ではない光である雰囲気を出してます。

そして擬音は「カッ!」。 まぶしい~。

十字剣(じゅうじけん)

十字剣は何か宗教的な神秘性を感じる表現ですね。

派手ではないところが、逆に怖さを感じさせる演出になってます。

幻夢氷翔剣(げんむひしょうけん)

冷気を操る剣の雰囲気がでてます。

擬音は「ピィィン」。 つめた~い。

白朧剣(びゃくろうけん)

このシーン、大好きです。

星空の中に煙のようなものが漂う雰囲気。 伝説の聖剣が登場という感じが一番でてます。

征嵐剣(せいらんけん)

征嵐剣は、氷の中で持ち主がやってくるのを待っていました。

長時間、氷の中で力を蓄えていたという雰囲気を感じます。

鳳凰天舞(ほうおうてんぶ)

鳳凰天舞は、最後に出てきた最強の聖剣。

強さを象徴するように、戦士の顔は全部黒で塗りつぶされてます。

剣の模様が派手なのに対し、剣の輝きは控えめ。この静けさが真打ち登場という感じをよく表してます。

車田正美先生の作品をもっと楽しむ

車田正美先生の代表的な3作品です。

どの作品をとっても、キャラ、技、武器の登場シーンは見モノです。

風魔の小次郎

リングにかけろ1

リングにかけろ2

聖闘士星矢

まとめ

「風魔の小次郎」の連載当時、美術の授業で好きな絵を描くというのがあって、クラスの男子生徒の約3割は聖剣の絵を描いてました。

それぐらいこの木刀バトルマンガに入れ込んでました。

みなさんもぜひ、車田ワールドを楽しんでください。

おすすめ記事